文字
サイズ
背景色

お問い合わせはこちら

045-508-0135

WEB相談

メニュー

ホーム > ROBINSとは

ROBINSとは

「ROBINS」正式には「サイバー法人台帳ROBINS(ロビンズ)」といいます。
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営を行っております。

膨大な情報から、正確な情報だけを知る

インターネット上の企業情報は、商取引や消費者の信頼を得るためにも非常に重要な役割といえます。
しかし、昨今のインターネットには膨大な情報があふれています。その中には、「なりすまし」や「嘘偽の情報」「フィッシング詐欺」なども紛れており、必ずしも正しい情報ばかりとはいえない環境です。
そこでROBINSでは、企業が正確な情報を提供、閲覧者は、企業の正しい情報を得ることができます。

企業情報を掲載・検索するには

掲載を希望する企業は「名称・住所・URL・メールドメイン」などの企業情報を提出し、それらの情報とエビデンス(証拠・根拠)を社会保険労務士や行政書士、税理士といった社会的に信頼できる立場にある第三者が確認します。問題なしとされた企業しかROBINSには掲載されておりませんので、閲覧者は、ネットにある数多くの情報の中から正しい情報だけを、24時間365日、どこからでも知ることができます。

ROBINSのメリット

サイバー法人台帳ROBINSに企業情報を掲載すると、企業にはどういったメリットがあるのでしょうか?

信頼性の高い情報

サイバー法人台帳ROBINSに掲載される企業情報は、社会保険労務士、行政書士、司法書士などの第三者が確認して問題なしとされている企業情報なので、閲覧者への信頼性を高めることができます。

ROBINシールで、なりすまし防止に

ROBINSシールをホームページに掲載することで、ホームページのなりすまし判別にも利用することができます。
ROBINSに登録することで、事業の実体があり、ペーパーカンパニーではないということを証明することができるので、閲覧者や取引先にも安心感を与えることができます。

就職活動にも活用も期待できます

掲載されている情報は、公式な企業情報として扱うことができるので、取引先だけではなく、就職活動で企業の情報を得るツールとしても活用が期待されています。

信頼できる企業情報を提供・収集するために

今回の労働基準法の改正により、一部の業種では、残業代ゼロで長時間労働ができてしまうという事態が起きてしまい、今後もそういった業種が増える可能性があります。

就職活動する学生や求職者は、当然、そういったデメリットを避けるためにインターネットで、様々な企業を検索すると思います。
しかし、さまざまな情報があふれるインターネットでは、何が本当の情報で嘘偽の情報なのか見分けがつきにくくなってきています。

また、「自分の企業はいい企業なのに、嘘偽の情報が出回って人材が集まらない」といったお悩みをお持ちの事業主の方もいらっしゃると思います。

そこで、正確な企業情報を提供・収集できるように、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(以降「JIPDEC」)は「サイバー法人台帳ROBINS」の運営を開始しました。

ROBINSに掲載されている企業情報は、第三者(社会保険労務士・行政書士・税理士)のチェックによりクリアになっている情報なので、信頼性の高い情報提供・収集できるようになりました。

登録の流れ・料金

  1. 1
    お申込み

    このときに、事業者情報と証憑をご用意していただき、第三者への確認を依頼する。

  2. 2
    第三者による情報確認

    事業者情報を証憑を元に、内容・実在などの確認を行います。

  3. 3
    サイバー法人台帳ROBINSに掲載(登録)

料金

ROBINSでは、さまざまなプランをご用意しております。ご自身の事業に合ったプランをお選びください。

1ベーシックプラン(年間利用費 ¥9,000 + 確認費)

名称や住所以外にも、写真やロゴの掲載、ウェブサイトへのリンクも行うことができますので、自社の技術、得意分野や製品などをPRする場としてもご利用いただけます。
自社のウェブサイトをお持ちでない企業の方も掲載も可能です。

2安心マークプラン (年間利用費 ¥45,000 + 確認費)

このプランは、受信したメールが「なりすましメール」ではないことを、ひと目で分かるように、送信ドメイン認証のDKIM(Domain Keys Identified Mail)とROBINSの情報を組み合わせることで送信者を特定し、表示することができます。

ただし、このプランはどの企業でも使用できるわけではなく、ROBINSを運営するJIPDECが定める政党や金融機関、自治体などに限り利用することが可能です。
安心マークを表示させるには、DKIMの作成署名が条件となっています。
ウェブメールサービス事業者などに配信するドメイン数が11件以上になる場合は、JIPDECまでご相談ください。

3ROBINSシールプラン (年間利用費 ¥12,000 + 確認費)

企業のホームページにROBINSシールを掲載することで、サイバー法人台帳ROBINSに登録した情報(名称や住所、URLなど)と結びつけることができるので、閲覧している方に安心感を与えることができます。また、シールをクリックするとサイトの運営者や所在地などの情報が表示されるので、ホームページに対する信頼度をアピールすることもできます。

上記の年間利用費で申請可能なURLは10件までとなっております。それ以上になる場合は、JIPDECまでお問い合わせください。

4Wセットプラン (年間利用費 ¥48,000 + 確認費)

安心プランとROBINSシールプランをセットで利用することができます。

5経営労務診断プラン (年間利用費 ¥10,000 + 確認費)
企業の経営労務管理に関わる就労規則などの「基本規定」と平均勤続年数などの「基本的数値情報」に関する診断項目について、ROBINSの確認者でもある社会保険労務士が、原則、毎年1回、確認・診断を行います。

確認・診断の結果、法令にかかる部分(必須項目)をクリアすると、その結果を社会保険労務士の電子証明付きで、サイバー法人台帳ROBINSに掲載するサービスです。

このプランでは、企業の基本情報と経営労務診断の情報を掲載することができます。
社会保険労務士による経営労務診断には費用がかかりますので、一度、ご相談ください。

(※)「確認費」とは、第三者による確認費用のことです

お問い合わせはこちら045-508-0135

ページの先頭へ戻る